神奈川県大和市の不動産物件、南林間中心の物件、不動産物件・賃貸管理のことなら臼井不動産にお任せ下さい!
賃貸物件をご希望の方お問合せ

有限会社臼井不動産おかげさまで創業56周年

お気軽にお問合せください。

電話 0120-642646

「2005年を振り返って」

拝啓
 
師走の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
平素はひとかたならぬ御愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
 
 今年は我々の業界にとってあまり歓迎できない大きなニュースが目立ちました。
前号でも取り上げましたが「構造計算の偽装問題」。
何と言ってもこれは新しいだけにインパクトの強い酷い事件です。
その後も強度不足の建物は続出しており、恐らくまだまだ出てくると思います。
なぜなら総研の指導方法で建築工事を行っていた会社は木村建設だけではないのです。
木村建設のコピーのような会社が沢山あります。
被害者の方々は本当にお気の毒です。
 
 次にアスベスト問題。
この問題は何も今年発覚したわけではありませんが、潜伏期間を過ぎた被災者の発病数・死亡数が顕著となり大手企業が労災を認定するなど事態の深刻さが浮き彫りになったのがようやく今年になってから、と言う所です。
アスベストは新築の建物に使用しなければ良い、と言う問題ではありません。
既存の建物には多かれ少なかれ使用している可能性が大ですから、アパート・マンションのオーナーにとっては決して他人事ではありません。建物を解体する際などの対策が今後法整備を始め強化されることになると思われます。
 
 3つ目は悪質リフォーム。
“すぐに対応しないと大変なことになる”と言ってヒトの不安を煽って多額のお金を騙し取る方法は、なんとなく「振込め詐欺」と似てますね。
数こそ減ったもののいまだに被害者はあとを絶たないようです。
 
 不動産及び建設業界というのは一つの契約や取引で動く金額が大きいので、悪いことを考える輩が蔓延りやすい業界です。
 
 それから不動産業界とは関係ないのですが、命に関わる問題が一つ。
 
 アメリカ牛肉の輸入再開です。
どう考えても圧力に屈したとしか思えない今回の再開ですが、わずか0.01グラムを食べただけで感染すると言われている狂牛病。
 
 プリオン専門調査会の先生方も「安全とは言い切れない」と記者会見しながらも、見切り発車的な輸入再開。
潜伏期間がすごく長いそうなので発病した時は、「いつどこで食べた牛肉が原因か?」なんて絶対判り様がないそうです。これじゃあアスベスト問題と全く同じですねぇ。
(国は責任取らんだろうな~)
 
 とにかく財産や権利、さらには命を守るためには自分で判断する力を養うしかありません。
そのために知識を増やすことも大切ですし、また本当に信頼できる専門家に相談することが大事です。
損をするのも得をするのも付き合う相手と自分の判断力次第ですから。
 
 そんなわけであまり良いニュースに恵まれなった2005年でしたが、弊社としても来年を危機管理元年としローカルニュースから国際問題まで幅広い情報を皆様にご提供して参りたい所存です。
どうか良いお歳を!
 
敬具
 
2005年12月 第79号「2005年を振り返って」」


2005.12.25 | オーナーズ倶楽部一覧へ

はじめて不動産オーナーになる方へ お勧め物件情報 アットホーム売買・賃貸物件情報
不動産オーナーの方必見!成功事例
リノベーション・リフォーム マンション・アパート管理 米軍ハウス 貸家 コインパーキング 満室への道
お勧めします!米軍ハウス おかげさまで創業58周年 お知らせ スタッフブログ オーナーズ倶楽部会員募集中
会社詳細
有限会社 臼井不動産

有限会社 臼井不動産

〒242-0006
神奈川県大和市南林間2-11-4

TEL:046-274-0533

小田急線 南林間駅すぐ!

臼井不動産Facebookフェイスブック

お問い合わせ