神奈川県大和市の不動産物件、南林間中心の物件、不動産物件・賃貸管理のことなら臼井不動産にお任せ下さい!
賃貸物件をご希望の方お問合せ

有限会社臼井不動産おかげさまで創業56周年

お気軽にお問合せください。

電話 0120-642646

「不動産格差」

拝啓
 
暑さ厳しき折から、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
平素はひとかたならぬ御愛顧を賜り、ありがとうございます。
 
 ようやく本日梅雨明けが発表になりました。
蒸し暑い日々が続いておりますが皆様如何お過ごしですか?
 
 先日とうとう日銀がゼロ金利政策に終止符を打ちました。
早速普通預金と住宅ローンの金利も引き上げということで悲喜こもごもと言ったところでございますが、ローン金利上昇が折角盛り上がりかけている売買の活性化に水を差さなければいいな、と不動産業者的には感じております。
 
 その一方で大手マンションデベロッパーが相場の先高感を見越して物件の販売を意図的に遅らせ始めているそうです。
新聞の折込チラシを見ても具体的な価格が記載されていないものが多いです。
「予告広告」或いは「新発表」と書かれている広告は販売会社の市場調査の意味合いが強いものです。
そのチラシを見て問い合わせがどのくらいあるか?
モデルルームにどのくらい呼べるか?
検討者の予算はどの程度か?
それらを検証し上限の価格を見極めていくのです。
販売価格が決まった後の広告は「新発売」と表記されますのでよく見てみて下さい。
さらに「第Ⅰ期分譲」や「第Ⅱ期限定」と言った表示がある場合は販売を開始してからも価格検証は続き、Ⅰ期で倍率が出て抽選に外れた予算のあるお客に「限定住戸がある」と連絡し少しでも高値で売る戦法を取ります。このような販売戦略は何も今始まったことではありませんが、長らく続いた地価の下落の影響で最近ではあまり見かけませんでした。
バブルの頃によく使われた方法です。
 
 先ほど申し上げたように販売時期そのものを遅らせる戦法と合わせて、通常なら1年~2年後の販売分の土地の確保に留めるところを、先高感から3年以上先の販売分の土地の取得まで乗り出したと発表(日経新聞より)したデベロッパーも現れました。
 
 でも本当に3年先まで不動産相場の上昇は続くのでしょうか?
地域によって可能性はあると思います。
しかし上昇を続けるというよりは人気のある場所は高値を維持する程度ではないかと考えています。
 
 小泉政権は社会の格差を拡大させた、と言われておりますが土地にも当てはまるような気がします。
勝ち組が好む地域・沿線・駅周辺の相場はとことん高く、それ以外は弱含み。
町名によって住人の職業や年収までもがハッキリと線引きされる不動産格差がより鮮明に浮かび上がって来そうな予感です。
“日差し対策、暑さ対策”をお忘れなく!
 
敬具
 
2006年7月 第86号「不動産格差」


2006.07.25 | オーナーズ倶楽部一覧へ

はじめて不動産オーナーになる方へ お勧め物件情報 アットホーム売買・賃貸物件情報
不動産オーナーの方必見!成功事例
リノベーション・リフォーム マンション・アパート管理 米軍ハウス 貸家 コインパーキング 満室への道
お勧めします!米軍ハウス おかげさまで創業58周年 お知らせ スタッフブログ オーナーズ倶楽部会員募集中
会社詳細
有限会社 臼井不動産

有限会社 臼井不動産

〒242-0006
神奈川県大和市南林間2-11-4

TEL:046-274-0533

小田急線 南林間駅すぐ!

臼井不動産Facebookフェイスブック

お問い合わせ