神奈川県大和市の不動産物件、南林間中心の物件、不動産物件・賃貸管理のことなら臼井不動産にお任せ下さい!
賃貸物件をご希望の方お問合せ

有限会社臼井不動産おかげさまで創業56周年

お気軽にお問合せください。

電話 0120-642646

「デフレ不況対処法」

拝啓
 
紅葉の候、時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。
平素はひとかたならぬ御愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
 
 先日政府がデフレを認定致しました。
 
 確かにユニクロに代表されるようにモノの値段は下がりました。
 
 また、ネット配信のシェア拡大によりレコード会社の存在意義が薄れているそうです。
これまでのように歌手を所属させスタジオを提供しレコードやCDを製作して販売するという常識が音を立てて崩れています。
 
 個人の自動販売機のオーナーが100円飲料への値下げをドンドン行っていて、メーカーも追随する形で期間限定といいながらも価格改定です。
 
 デジカメとパソコンとプリンターの高性能化が進み、町から写真現像屋さんが消滅しました。
印刷屋さんも名刺や年賀状の注文が激減しています。
 
 不況に強いと言われる牛丼屋さんが苦境に立たされています。
かつて行った期間限定の大幅値下げ時の価格が浸透してしまい、通常の価格では割高感を感じる消費者が店に寄り付かないそうです。
仕方なく各社とも近々値下げに踏み切るとのこと。
 
 様々な業界での常識、様々な商品の価格が大きく変化しています。
 
 不動産業界においては、今年1~3 月は昨年のリーマンショックの影響のためか極端に物件の流通量が減りました。
耐えきれない企業は倒産し、資金的に余裕のある企業は1000 万円単位の大幅な値引きによって在庫を一掃し危機を乗り越えました。
 
 その結果一時的に不動産市場は活性化し、一瞬景気が回復したかのような錯覚を覚えました。
しかし在庫がなくなったあとに新規販売された物件は思うように売れません。
 
 先月あたりから潮が引くように売買取引が減少しています。
 
 穴吹工務店というマンションデベロッパーが倒産したのも特別なことではありません。
 
 幸い今のところ賃貸市場においては大きな影響は出ていないようです。
しかしこれだけ物価が下がり景気の先行きが不安視され個人所得が減る傾向にあると、この先ある程度の影響は避けられないと思われます。
(売買相場のような変動はありえませんが)
 
 更新料が社会問題化するのも「他の業界の劇的な構造変化」を考えれば、むしろ大した問題ではないのかも知れません。かえってそのような気持ちでいる方がラクというものです。
 
 デフレとはモノの価値が下がり、貨幣の価値が上がることです。
 
 モノの値段が半分に下がることは消費者側から見れば非常に嬉しいことですが、供給側から見ると同じ利益を出すために2 倍の手間と努力を必要とすることなのです。
 
 当社におきましてはオーナーの皆様よりお預かりさせていただいております不動産物件がある限り幸いにして仕事には事欠きませんので、デフレ下におけるこの不動産不況を乗り切るためには、要するに「知恵と努力と手間を惜しむな」ということなのでしょう。
 
 そう肝に銘じながら日々精進したいと存じます。ご自愛のほどを。
 
敬具
 
2009年11月 第126号「デフレ不況対処法」


2009.11.28 | オーナーズ倶楽部一覧へ

はじめて不動産オーナーになる方へ お勧め物件情報 アットホーム売買・賃貸物件情報
不動産オーナーの方必見!成功事例
リノベーション・リフォーム マンション・アパート管理 米軍ハウス 貸家 コインパーキング 満室への道
お勧めします!米軍ハウス おかげさまで創業58周年 お知らせ スタッフブログ オーナーズ倶楽部会員募集中
会社詳細
有限会社 臼井不動産

有限会社 臼井不動産

〒242-0006
神奈川県大和市南林間2-11-4

TEL:046-274-0533

小田急線 南林間駅すぐ!

臼井不動産Facebookフェイスブック

お問い合わせ