神奈川県大和市の不動産物件、南林間中心の物件、不動産物件・賃貸管理のことなら臼井不動産にお任せ下さい!
賃貸物件をご希望の方お問合せ

有限会社臼井不動産おかげさまで創業56周年

お気軽にお問合せください。

電話 0120-642646

「賃貸住宅居住安定化法」

拝啓
 
寒冷の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご厚誼にあずかり、厚く御礼申し上げます。
 
 さて今回の見出しは見るだけでちょっと読む気が失せるタイトルかも知れませんが、これは是非皆様に憶えておいて頂きたいものなんです。
 
 実はこの法案、すでに参議院では可決済みで次に衆議院で通ってしまえば施行されてしまいます。
すでにご存知の方もいらっしゃるとは思いますが改めてその内容とは…。
 
「面会、文書の送付、貼り紙、電話をかけることその他のいかなる方法をもってするかを問わず、人を威迫し、又は掲げる言動その他の人の私生活もしくは業務の平穏を害する言動をしてはならない」
 
この文章は貸金業法(サラ金法)とほぼ同じです。
違反すると「2年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金」です。
具体的には「午後10 時から午前6 時に、正当な理由がある場合を除き、賃借人若しくは保証人を訪問し又は電話をかけ、訪問や電話をかけることを拒否したにも関わらず、その後当該時間帯に連続して訪問し又は電話をかけること」と禁止しています。
 
 「威迫」とは何か?
辞書によると「威力をもって相手を相手を脅すこと。≒脅迫。」とありますが、家賃を請求された側が「威迫」されたと思えば、逆に「告発するぞ」と家主や管理会社を脅かすことも可能です。
 
 こうなると迂闊に滞納家賃の督促をすることもできない状況です。
家賃を滞納している人の居住は安定するかも知れませんが、家主の不動産経営は不安定なものとなってしまいます。
 
 ただ冷静に考えてみると、夜10 時以降や朝6 時前から家賃の取立てを行うことって普通はありませんし、一般的なオーナーや管理会社はあまり関係ないのかも知れません。
 
 しかし次のようなことも考えられるのです。基本的には95%の入居者は善良であります。
つまりこの法律は滞納等が発生する全体の5%のための法律であり、その中でも確信犯的な悪質な不払い者に悪用される可能性が極めて高いのです。
 
 例えば、賃料を半年滞納されたあげく夜逃げをされてしまい、仕方なく残った荷物を片づけてどこかに保管しただけでこの法律下では最悪の場合懲役刑になってしまいます。
さらに夜逃げした本人が戻ってきて「ダイヤの指輪があったはずだ」と凄まれたら損害賠償しなければならない可能性も出てくるんです。
それを避けるには夜逃げされるたびに裁判で強制執行するしかありません。
それでも残念ながらこの法案は来年の通常国会で衆議院も通過すると言われております。
そもそも悪いのは誰なんでしょう?
家主や管理会社なんでしょうかね。
 
 いよいよ2010 年も終わりとなってしまいました。
皆様にとってどんな一年でしたか。
来年はより一層良い年にしたいと思います。
本格的に寒さが厳しくなってまいりました。
それでは良いお年をお迎えください。
 
敬具
 
2010年12月 第139号「賃貸住宅居住安定化法」


2010.12.05 | オーナーズ倶楽部一覧へ

はじめて不動産オーナーになる方へ お勧め物件情報 アットホーム売買・賃貸物件情報
不動産オーナーの方必見!成功事例
リノベーション・リフォーム マンション・アパート管理 米軍ハウス 貸家 コインパーキング 満室への道
お勧めします!米軍ハウス おかげさまで創業58周年 お知らせ スタッフブログ オーナーズ倶楽部会員募集中
会社詳細
有限会社 臼井不動産

有限会社 臼井不動産

〒242-0006
神奈川県大和市南林間2-11-4

TEL:046-274-0533

小田急線 南林間駅すぐ!

臼井不動産Facebookフェイスブック

お問い合わせ