臼井不動産|神奈川県大和市の不動産物件・賃貸管理
賃貸物件をご希望の方お問合せ

有限会社臼井不動産おかげさまで創業56周年

お気軽にお問合せください。

電話 0120-642646

「空き家条例」

拝啓
 
厳寒の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
平素はひとかたならぬ御愛顧を賜り、ありがとうございます。
 
 最近「空き家条例」という言葉をよく耳にします。
既にご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、2010 年10 月に埼玉県所沢市が全国で初めて施行した「空き家・空き地の所有者に対し自治体が適正な維持管理の義務付けや必要な措置を勧告できる条例」等の総称です。
2012年1 月からは和歌山県が都道府県単位で初めて施行しています。
 
 少し数字が古いのですが2008 年の統計によりますと、全国の世帯数5759 万に対し空き家・空室の数が757 万戸あるんだそうです。
これは5 年前の2003 年よりも97 万戸も増加しているので、もし同じペースで増加しているとすれば2013 年の今年は約850 万戸が空き室ということになります。
 
 全体の1 割を超える住宅が慢性的に使われていないということになるわけですが、特に空室のうち約4 分の1 を占める一戸建住宅の空き家は、
 
①放火や火事
②浮浪者・不良の不法占拠
③ゴミ捨場化
④瓦などが飛んできて危険等
 
周辺住民や環境に対し著しい悪影響を及ぼしており全国各地で問題が深刻化しているため、各自治体が解決に乗り出した結果が次々と制定される条例に繋がっているわけです。
 
 やはりここにも構造的な変化を感じざるを得ません。
こんな条例を作って対処しなければならないほど家が余ってしまっているんですね。
夢のマイホームが依然として語られる中、使われずに巨大なゴミと化してしまっている建物の如何に多いことか。
家は車や家電と違ってどこかへ捨てに行くわけにいきません。
維持をするにもおカネが掛かりますが、解体して更地にするにもかなりの費用が発生します。
しかも更地にすると固定資産税が増えます。
だからそのままにしておく所有者が多いんです。
老朽化して借手が付かなくなった貸家が全国で約20 万戸も放っておかれています。
都心部よりも地方が問題の数も質も悪化しています。
 
 景気が良かった頃は放っておいても時間が問題を解決してくれましたが、今はそうはいきません。
最近では危機感をもった不動産オーナーが集まってシンポジウムを開催したりしているようです。
リフォームや建て替えの成功例や失敗談の情報を交換し共有して、自分の身は自分で守ろうとする動きが始まっています。
 
 賃貸不動産業界にとってこれは非常に良い傾向だと思います。
オーナー様がご所有の物件に対し当事者意識を持たれ知識を増やされることによって、我々もまたより一層プロとして勉強し業者の質が高まり業界全体のレベルアップに必ず繋がるはずです。
 
 当社の管理物件におきましても、ここ最近オーナー様からより具体的なご相談やご提案を頂ける機会が本当に増えました。
業界が大きな転換期を迎えているような実感があります。
 
 成人の日に降った雪がようやく溶け切ったと思ったら、今朝もまたうっすら積もっておりました。
今冬は寒いです。
ご自愛ください。
 
敬具
 
2013年1月 第164号「空き家条例」


2013.01.07 | オーナーズ倶楽部一覧へ

はじめて不動産オーナーになる方へ お勧め物件情報 アットホーム売買・賃貸物件情報
不動産オーナーの方必見!成功事例
リノベーション・リフォーム マンション・アパート管理 米軍ハウス 貸家 コインパーキング 満室への道
お勧めします!米軍ハウス おかげさまで創業58周年 お知らせ スタッフブログ オーナーズ倶楽部会員募集中
会社詳細
有限会社 臼井不動産

有限会社 臼井不動産

〒242-0006
神奈川県大和市南林間2-11-4

TEL:046-274-0533

小田急線 南林間駅すぐ!

臼井不動産Facebookフェイスブック

お問い合わせ