臼井不動産|神奈川県大和市の不動産物件・賃貸管理
賃貸物件をご希望の方お問合せ

有限会社臼井不動産おかげさまで創業56周年

お気軽にお問合せください。

電話 0120-642646

「違法ルーム」

 最近の住宅・不動産関連の業界紙を読むと、特に都心部ではマンションが売れに売れているらしく、それにつられ中古物件も品薄状態で値上がりを期待し売り渋る売主が続出するほどだとか。
また民間の調査機関によるネットアンケートでは約6 割の人が「今が買い時」という意識をもっているそうです。
活字だけ読むと既にちょっとバブってますね(笑)。
 
 また選挙が終わり衆参のねじれ現象が解消されたので消費税率が上がることが確実視されるため、住宅の駆け込み需要がさらなる拍車をかけることになりそうな気配もあります。
 
 一方賃貸不動産市場では、築古の物件の空き室率増加に歯止めをかけるために、リフォームにより「再生に成功した大家さん・リフォーム会社」の成功事例というか自慢話がひしめいており、やはり「税率アップ前に工事しちゃいましょう」という記事が目立ちます。
 
 そんな「再生ビジネス」の代表格が「シェアハウス」です。
最近ではドラマの舞台にも使われているので知名度が高くカッコ良さの代名詞みたいに扱われていますが、要は共同生活スタイルの賃貸物件です。
 
 もともとは借手のつかない古い賃貸戸建を、「取壊したら再建築できないかも知れないし第一おカネが掛かる。なんかイイ方法ないかな?」と考えだされた苦肉の策だったわけです。
 
 今までは1 棟=15 万で貸せていた4LDK が、古くて見向きもされなくなったので部屋ごとを4 人×5 万=20 万で貸せるようになったんですから起死回生の素晴らしいアイデアです。
 
 が、もちろんイイことばかりではありません。
住民同士のトラブルが多くやめてしまう大家さんも既にかなりの数とか。
それでも収入面がいいのでどんどん進化(?)しているようです。
 
 で、いま問題になっているのが「違法ルーム」です。
借手のつかない倉庫や事務所やマンションなどを細分化し、窓もないそれこそ「寝るだけのスペース」を予算のない人に提供するやり方。
ほとんどネットカフェやまんが喫茶と変わらない状態です。
採光や避難通路の問題等で様々な法令違反となっている物件が多く、さすがに今月半ばに国交省も指導に乗り出ました。
 
 そもそも「シェアハウス」には定義:共有部分や各部屋の最低面積等の決まりが全く無く、今後業界の大きな課題になることは必至です。
 
 皮肉なことに都会のお洒落な最新のライフスタイルと貧困ビジネスって紙一重なんですね。
 
 というわけで、流行りに乗ってリフォームすればイイってわけではありません。
違法・脱法は論外ですが、せっかく節税のつもりで急いでやったリフォームが短期間で見向きもされなくなるのでは無駄遣いもいいとこです。
 
 株や為替が乱高下しており不動産も皆が「今でしょ!!」という時はとかく情報に踊らされがちですが、出来るだけ長期的視野に立って物事を判断して参りたいと思います。
 
 蒸し暑い日が多いですね。
体調管理は万全にお過ごしください。
 
2013年7月 第170号「違法ルーム」


2013.07.07 | オーナーズ倶楽部一覧へ

はじめて不動産オーナーになる方へ お勧め物件情報 アットホーム売買・賃貸物件情報
不動産オーナーの方必見!成功事例
リノベーション・リフォーム マンション・アパート管理 米軍ハウス 貸家 コインパーキング 満室への道
お勧めします!米軍ハウス おかげさまで創業58周年 お知らせ スタッフブログ オーナーズ倶楽部会員募集中
会社詳細
有限会社 臼井不動産

有限会社 臼井不動産

〒242-0006
神奈川県大和市南林間2-11-4

TEL:046-274-0533

小田急線 南林間駅すぐ!

臼井不動産Facebookフェイスブック

お問い合わせ