神奈川県大和市の不動産物件、南林間中心の物件、不動産物件・賃貸管理のことなら臼井不動産にお任せ下さい!
賃貸物件をご希望の方お問合せ

有限会社臼井不動産おかげさまで創業56周年

お気軽にお問合せください。

電話 0120-642646

「更新料裁判3」

拝啓

梅雨の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
日頃は格別のお引き立てをいただき、ありがたく御礼申し上げます。
 
 さて、先月末(5/27)に大阪高裁におきまして、今回で3件目となる「更新料無効」の判決が下されました。ここで今までの更新料を巡る判決を整理してみましょう。
 

  大阪高裁判決日 判決 現状
1 2009年08月27日 貸主敗訴 上告中
2 2009年10月29日 貸主勝訴 上告中
3 2010年02月24日 貸主敗訴 上告中
4 2010年05月27日 貸主敗訴 保留中

 
このように計4 件の訴訟に大阪高裁で判決が出され、内3 件が貸主「敗訴」となっております。最
新の判決が今までと違う点は、原告が貸主であることです。
 
 前3 件は「更新料を返せ」的な入居者からの訴訟であり貸主が被告でありましたが、今回は更新料の不払いに立腹したオーナーが入居者を訴えたものなのです。
 
 しかしながら貸主敗訴の3件中、今回の判決が一番手厳しい内容でありまして、判決文の一部を紹介させて頂きますと「(更新料は)社会的承認を得られた合理的な制度であるとは到底認められず、むしろ更新料条項は賃借人の利益を犠牲にし、賃貸人や管理業者の利益確保を優先した不合理な制度」とバッサリと切って落とされております。
 
 当社におきましても、先月更新料に関し入居者からの相談があり、オーナー様も交えて双方との打ち合わせの結果「更新料をなくし、賃料を少し上げる」ということで両者ご納得して頂いた事例がございました。
 
 いずれに致しましても上記表の1・2番の裁判に関する最高裁判決が今秋に下されると思いますので業界の大きな動きはそのあとになりそうですが、今回の高裁判決によってますます雲行きが怪しくなったことは否定できません。
 
 首都圏の不動産業者にも少し動きが出て参りました。積極的に「更新料は今後頂きません」という方針を掲げる会社が現れ始めたのです。
 
 当社といたしましては、入居者からのリクエストが発生した場合にその都度対応していくという方針で当分の間は行きたいと思いますが、最高裁の判決如何によってはオーナーの皆さま方にとってあまり歓迎されないご提案をさせて頂く場合があるかも知れません。
しかしながらその時は何卒よろしくお願い申し上げます。
 
 梅雨らしい湿度が高く蒸し暑い日が続いておりますが、くれぐれも体調管理、特に食べ物にはお気を付けください。
 
敬具
 
2010年6月 第133号「更新料裁判3」


2010.06.02 | オーナーズ倶楽部一覧へ

はじめて不動産オーナーになる方へ お勧め物件情報 アットホーム売買・賃貸物件情報
不動産オーナーの方必見!成功事例
リノベーション・リフォーム マンション・アパート管理 米軍ハウス 貸家 コインパーキング 満室への道
お勧めします!米軍ハウス おかげさまで創業58周年 お知らせ スタッフブログ オーナーズ倶楽部会員募集中
会社詳細
有限会社 臼井不動産

有限会社 臼井不動産

〒242-0006
神奈川県大和市南林間2-11-4

TEL:046-274-0533

小田急線 南林間駅すぐ!

臼井不動産Facebookフェイスブック

お問い合わせ